Skip to content

測量方法について

現在の国土調査法に基づく地籍調査、土地家屋調査士等が行う地籍測量及び法務局が行う地図作成作業での測量というのは、トータルステーションを用いた測量家、GPS測量だそうです。
トータルステーションというのは、距離と角度を同時に測定できるそうです。そしてこれを自動記録できる機能を備えたものだそうです。
従来の光波測距儀とトランシットを一体化させたものだそうです。
これにコンピューターやプロッタなどを組み合わせてシステム化することで、観測からの計算、帳票作成まで効率よく行われるそうです。
これにより、測量の大幅な省力化が図れるようになっているそうです。
トータルステーションを用いた測量というのは、測定距離の一端にトータルステーションの本体を据えて、他端に反射プリズムを置いて、距離と角度を同時に測定する測量方法ということだそうです。
これに対して、GPS測量というのは、GPS衛生から発する電波信号を地上の受信機で受信することによって、GPS衛生と観測点までの距離を基に相対的位置関係(方位と距離)を算出するものだそうです。
トータルステーションは、水準点、重力方向を基準として水平角、高度角、距離を観測する相対的3次元測量というのに対して、GPS測量は人工衛星と観測点までの距離を基に、幾何学的に相対的位置関係を算出するということになるそうです。
また作業効率としてトータルステーションは、1点ずつ観測するそうです。これに対してGPS測量は、複数の点の同時観測が可能だそうです。
またトータルステーションは熟練した技術が必要だそうですが、GPS測量は熟練した技術は不要だそうです。その代わり、データ処理に基礎的なパソコン操作が必要となるそうです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です