Skip to content

3−③ 建物の階数

建物の階数というのは、建物が天井及び床基盤によって上下に渡って数区画に区切られ、階層が作られている場合の階層数のことだそうです。
登記手続き上は、この階層数を特定するための構造の一要素として、登記事項として表示しなければならないそうです。
階数による区分というのは、「平屋建て」「2階建て」「3階建て」というようなことだそうです。(不登記規則114条3号)
地階しかない建物の場合は、「地下○階建」とするそうです。
これに地上階もある建物の場合は「地下○階付き平屋建て」とか「地下○階付き△階建て」と表示するそうです。
渡り廊下付きの建物に関しては「渡り廊下付き平屋建(又は○階建)」となるそうです。(不登記準則81条1項3号)。
階数の数え方は、地上階については最低階を1階とするそうです。順次上に2階、3階と数えていくそうです。
地下については、最上階を地下1階、順次下へ地下2階、地下3階となるそうです。
また、天井の高さが1.5メートル以上という要件を満たさなかったら、それは建物として屋根や壁があったとしても、人が住むための要件が備わっていないということで、建物性が拒否されたりするそうです。(不動産登記事務取扱手続準則81条4項)。
これは地階も屋階にも規定されたものだそうですが、同様に建物内部にある特定の空間にも適用されるそうです。
屋階や塔屋に部屋があってその部屋が天井高が1.5メートル以上あるならば、人貨滞留性があるということで、階数に算入するそうです。
よく大金持ちが屋上のペントハウスに住んでいると聞きますが、階数に算入されているのですね。
階段室や機械室、倉庫や管理人室、事務室も人貨滞留性が認められるので、階数に算入されるそうです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です