Skip to content

家屋番号とは何か

家屋番号というのは、登記した建物を特定するために、登記所が定める番号のことだそうです。家屋番号は原則として敷地の地番と等しい番号をもって定めるそうです。
例外としては一筆地上に数個の建物が存在する場合は、敷地の地番と等しい番号に、1,2,3という支合をつけるそうです。
2筆以上の土地上に存在する建物に関しては、附属建物が存在する場合は、主たる建物が存在する敷地の地番のものと等しい番号をつけるそうです。
付属の建物が存在しない場合は、床面積の多い部分が存在する敷地の地番のものと等しい番号をつけるそうです。
家屋版番号というのは、1個の建物ごとに登記所が付ける番号だそうです。
最終的にはこの番号によって建物が特定されるそうです。区分建物に関しては、各区分建物ごとに家屋番号が付けられているそうです。それが属する一棟の建物には家屋番号は付けないそうです。
家屋番号は、原則として、地番区域ごとに建物の敷地の地番と等しいの番号をもって定めるそうです。
家屋番号をその敷地の地番と等しい番号又は関連する番号にする理由として、建物と敷地を関連付けることで、ある土地の上にどのような建物が存在するかを登記上において明らかにすることができるからだそうです。
また、建物の登記記録の検索も簡単にできるということもあるそうです。
家屋番号は、登記官が職権で定めているそうです。だから建物の所有者の意思で決めたり、変えたりすることはできないそうです。
附属の建物に関しては、符号をつけるそうです。(不登記112条2項)
具体的にどのようにつけるかというのは、不動産登記規則112条の他に不動産登記事務取扱手続き準則79条などに詳細な規定があるそうです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です