Skip to content

地目変更での注意点

登記上の地目が「山林」だったところを、開墾して畑にして、その畑を宅地にしたいという場合、登記申請をするときは、「山林から畑」「畑から宅地」というように、2件の登記申請が必要になるかどうかを質問してくる人がいるそうです。

本来ならば、山林から畑に変更したときに、地目変更の登記をする必要があるそうです。

けれど、それをサボってしまって申請するときに、山林から畑、畑から宅地にしてしまった場合、その中間の状態を省略して直接現在の地目に登記する扱いとされているそうです。

これはなぜなら、表示に関する登記というのは、権利の登記と違って、権利を失ったり得たりしたことや権利の変動の過程を忠実に反映させることを要求されていないからだそうです。

不動産の現在の物理的状況が知るための公示だからだそうです。

要するに「山林から畑、畑から宅地」を「山林から宅地」ということで1件の申請でOKということになるそうです。

筆界未定地として処理された土地の一部については、地目変更の登記の申請をすることは原則としてできないそうです。

筆界未定地というのは、国土調査法における地籍調査で、所有者などにおいて筆界につき紛争がある場合など、一筆の土地の特定ができずに筆界を特定できない土地のことをいうそうです。

ただ、ほぼ認定できるというぐらいで筆界が認められたりするそうです。

土地の面積というのを地積というそうです。

地積は土地の所在、地番及び地目とともに、土地を特定する要素となるそうです。

地積は土地の表示に関する登記の登記事項とされているそうです。

地目と地積の違いは、地目が「質的」の内容を公示、地積は「量的」な内容を公示するという点にあるそうです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です