Skip to content

地目変更で気をつけること

畑にマンションを建てるとか、田んぼを駐車場にするというのは、地目を変更することになるかと思います。

宅地への造成工事の場合、その土地は建物が建てられて初めて「宅地」に認定されるそうです。

ただ、そこに必ず家が建つということが客観的に明らかならば、宅地と認定してもいいそうです。

登記上の地目が農地である土地の場合、農地以外の地目に登記申請が合った場合は、その申請書に「転用許可があったことを証する書面」又は「農地に該当しない旨の都道府県知事又は農業委員会の書面」のいずれかが添付されていないといけないそうです。

この書類がなかった場合は、登記官が農業委員会に対し、農地法上の許可の有無などにつき照会する必要があるそうです。

「保安林」は、森林法に基づく農林水産大臣の指定が必要だそうです。

また「墓地」は都道府県知事の許可がその認定上、重大な影響を与えるそうなので、その点をきちんと留意していなければならないそうです。

土地の表題部に記載されている地目が、その土地の利用目的の変更や、自然災害や自然変更などで他の地目になったら、一ヶ月以内にその土地に関する変更の登記を申請しなければならないそうです。

その時は、表題部の所有者又は所有権の登記名義人が申請をしなければならないそうです。

未だに建物が建っていないというというときは、畑から宅地に変更できるかどうかを考える時に、建物の基礎工事が完了しているかどうか、建物の敷地として整地されていて、上下水道及び電気、ガスなどを供給する工事が完了しているかどうか、又は住宅地造成工事が完了しているかどうかを見るそうです。

また私的な道路部分など建物の維持、効用を果たすための必要な土地で建物の敷地の一体として使用されているかどうかということだそうです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です