投稿日:

販促支援としてのチラシ作成

チラシ作成による各店舗や企業の販促活動の表現ポイントは、何より購買真理を促すと考えられる「言葉」と「イメージ」この二つに集約されるだろう。パワフルな「言葉」にはその力強さゆえ人を怒らせもし、悲しませ、そして喜ばせる。このような例は、「言霊」という言葉を彷彿とさせるだろう。また言葉の延長線上にあるのが、その人が抱く「納得」や「満足」といった感情なのだろう。やはり人間は「言葉」によって大きく動かされてしまうのが正直なとこだろう。「意識的」にしろ「無意識的」にしろ人間の行動はまず頭で「イメージ」するものなのではないだろうか。仮に「ケーキが食べたい」と頭で考えた時、ケーキそのもの、ケーキ屋の看板やロゴ、自分がケーキを食べている姿などを無意識的にイメージしていると言えるだろう。そのイメージが本人の頭の中でさらに膨らむことにより、次第にケーキが食べたくてどうしようもなくなるものなのではないだろうか。販促支援としてチラシを作成するにあたり、この「言葉」と「イメージ」をうまく連動させる事こそ成功への最短距離と言えるかもしれない。チラシにおいては「言葉」はキャッチコピーであり、「イメージ」とはイラストや写真ということになるが、この二つをいかに消費者に向けて訴求していくことができるかが、そのチラシの成功を左右するカギと言えるだろう。しかし、言葉選び以上に注意しなければならないことが「市場変化」ではないだろうか。先月効果を得たチラシでも、今月同じ効果を得られるとは限らないのが「市場変化」の影響だ。常に変化に対応し、時流を読み、さらに顧客心理を客観的に分析し続けることが大切だろう。「相手の心理を見抜くこと」ここに着目をしなくては成功を導き出すことは至難であろう。チラシとは実に奥深いものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です