企業キャラクター

地味な商売になればなるほど、明るいイメージを作ることで集客効果が期待できます。例えば、自動車学校のような堅いイメージがある場合、気軽に来航して相談することには、抵抗があるものです。

実際、自動車学校がキャラクターのチラシを折り込むようにしたところ、免許取得の相談に来る人が2倍になったそうです。その結果、入校者数が150%アップになり、好業績になりました。

CMでも同じですが、商品のないように関係なく、キャラクターのインパクトで話題になり、ブームが起こって一時的にヒット商品になるケースは少なくありません。

キャラクターというのは、消費者に支持されると、絶大な集客効果があるのです。特に子どもや女性をターゲットにしている商売では、マーケティング上必須になってきています。

消費者に支持されるキャラクターを作る際に意識して欲しいポイントが3つあります。

・微笑む表情

・太めで頭でっかち

・暖かい色づかい

最低この3つは考慮に入れることで、愛らしいキャラクターができるはずです。

キャラクターができたら、チラシの紙面上で、キャラクターが商品説明やサービス説明をすることにより、堅いことも柔らかく表現されるようになります。それにより、女性も手に取ってみてもらえるようになります。

「安さ追求」「価値訴求」だけで集客できる時代ではありません。キャラクターによるカワイイ訴求も重要な集客要素になってきています。