プレゼントで効果アップ

客単価が高い業種(目安として 1万円以上)になると、来店促進が重要になってきます。まず、お客様から買ってもらう障壁より、来店してもらう障壁をクリアすることが重要なポイントなのです。

そのような業種の来店促進で最も効果的なのは「来店プレゼント」です。「プレゼントをすればお客様が来るのか」と首をかしげる方もいるでしょうが、集客上はこれが大事な要素になってきます。ただし、いわゆる「粗品」ではまったく効果はありません。「素敵」「豪華」でないとプレゼントの意味がありません。

購買の有無に関係なく、来店するだけでプレゼントするわけですから、費用をかけすぎてもいけません。目安としては、客単価1万〜10万円であればプレゼントの費用は500円まで、客単価10万円以上であればじく1000円までです。それを越すと、逆にお客様が引いてしまいます。

来場プレゼントは、コスト的にはたとえ500円であっても、1000円以上に見えるものがいいようです。日本製では難しいのですが、海外で生産したものであれば、そう見えてしまうものがあるのです。

人気があるもの、ブランド力のあるものを来場プレゼントに採用すれば、集客力は絶大です。例えば、住宅販売の来場プレゼントで当たっているものに、「人気のお菓子店のシュークリーム」「人気のパン屋さんの食パン1斤」があります。